上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.14 すっぱマン

オーストラリアンシェパード すっぱマン

すっぱマン


なんでこんな顔になったのか解からんのだけど
カメラから画像をダウンロードしたらこんなのが入っていた!笑

オーストラリアンシェパード  穴掘り名人オーストラリアンシェパード クレイジージャンプ



多動のジョシュは、外でもやっぱり静かに遊べないヤツなのだ!
ジョシュが掘るから、駐車場は穴だらけ!
旦那ご帰還の前に、毎度穴埋め土工事を怠らない飼い主です。w

しかし、地面を掘り掘りするのは
走り回ったり、自転車引きするより
前足の関節などに負担がかからず
そのわりに結構肩の筋肉がつくので
成長期には良い運動と言える。。。と
自分を納得させるのだ!

ヤツは穴掘り名人なだけでなく
クレイジーなジャンパーでもあります。
(オゥシーにはありがちな、無駄飛び野郎なのだ!)

バシバシ飛びまくってフェンスにぶつかるので
後足挫くんじゃないか?とか
いつフェンスをふっ倒すかと
飼い主ハラハラで
監視の目を緩めることが出来ません!

クレイジー・ジャンパーはジョシュだけでなく。。。ていうか
ジョシュなど比べ物にならないくらいクレイジーなのが愛子。

愛ちゃんはいまにもフェンスを越えてしまうのではないか?と思うようなジャンプを
外に居る間中繰り返しています。

こんな連中を家の中でフリーにしたら
どうなるか解かったものじゃ有りません。
(しかし、彼等も彼等ナリに
一応室内と外とは区別しているから
今のところ室内では大人しくしてくれている。。。が
内にはこのパワーを秘めてのことなので
飼い主は今の彼等の姿を
完全には信用しておりませぬ)

この2頭、このジャンプにより
怪我防止上からフェンスに屋根でも設けない限り
コンクリートの上には置けません。

なのでジョシュが掘る穴の穴埋め作業は
まだしばらく解放されるメドなしです!

オーストラリアンシェパード ノーマルカイザー


ジョシュに比べ
同じオゥシー
同じお腹から生まれた兄弟でも
カイちんは至ってノーマル。

遊び方も穏やかで
本人は飛んでるつもりでも
立ち上がっているだけだったりするのが可笑しい。
スポンサーサイト
一昨日保護犬カイロス君の保護主であるアニマルコミュニケーターさんが
カイロス君のフードを届けに来てくださった。

先方と携帯で話をしているとき
いつも騒がしいジョシュと
初めてカイロス君の保護主さんがご対面した。

ブスッコ1番のレジェンドと
ブスッコ2番のジョシュは
顔立ちと性格が良く似ていて
(といっても乱暴なのはジョシュだけだけど)
一途なところが他の犬達より強いせいか
どちらも騒がしいのに
可愛いという不思議な犬達だ!

普通なら騒がしい犬と言うのは
文句とか命令口調などで
煩いだけで可愛くない!っていうのが多いのに
レジもジョシュも
そういう犬達とはちょっと違って
人間の子供なんかで
言葉の発達が遅い子が
一生懸命お母さんに
あのね、あのね、と言葉を探しながら
言いたいことを伝えようとしているのに似た所があって
お口は煩いのだけど
一生懸命という部分で
可愛い犬に分類されている。

そんなミョウチクリンな可愛さを持つジョシュを
カイロス君の保護主さんは
どう思われるだろうか?と観ていただいた。

そしたら
「こりゃ可愛いわ!」って言われたよ♪

お世辞かも知れないけど
お世辞でも良いの!

お世辞にも可愛いって言えない犬じゃないのだから♪

何よりも嬉しかったのは
カイロス君の保護主さんと一緒に来ていた
2歳児?のお孫さんが
ジョシュのことを気に入って
一緒に連れて帰るって大泣きしちゃったりして、
訊くといつもは他所の犬と触れても
帰るよバイバイしてねって言うと
あっさりバイバ~イ!って手を振って終わるということだそうで
こんな風に本気泣きした事は無いってことだった。

ジョシュ君、お前さんの可愛さってのは
2歳の子にも解かるらしいぞ♪

ジョシュと一緒に帰るといって
車のチャイルドシートの足もとに乗って!と
一生懸命床を指差してジョシュを呼ぶ赤ちゃん。

ジョシュの可愛さを解かってくれて有り難う!

おばちゃんはとっても嬉しかったよ!^^
カイちゃんニコニコデーに対し
今日のジョシュは
頭クシャクシャな一日だっただろうと思う。

朝から叱られ通し!

今日の食事内容が
ハイパワー食だったことも原因の一つだろうとは思うけど。。。

エネルギー有りすぎて
興奮が生じているのではないかという背景がある。。。が、
いつも順番として
騒がしいジョシュがカイザーより先に運動を終えていたり
カイザーがお留守番で
ジョシュが外出のお供だったりと
騒がしいゆえに
周りを刺激して欲しくないという意図から
これまでなんとなく優先順位が高かったジョシュだった。。。が、
そろそろそういう待遇もやめていくことにしようと
運動に連れて出る順番を
カイザー一番にしたところ
ハウスの中から
何でだよ!僕を連れてって!とバウバウ吠え
そこで最初の一発目
ガッツリ叱られて一日が始まった。

そこから叱責による緊張の高まりと
ハイパワー食によるエネルギー持て余しが重なってか
興奮が強く
カチキレモードにより
お口を使おうという行為が見られ
ガッツリ叱られる。

悪戯とかはあまり叱らないことが多いけれど
お口を使ったときと
わたしに向かって命令口調の吠え立てなんぞしたときには
普段あまあまな私も
そのときばかりは鬼に変わるよ!

それだけは絶対に許さん!

特に、もとが興奮しやすい乱暴者のジョシュだからね。
口を人肌に向けたらどうなるかってことは
徹底的に叩き込んでおく必要がある。

今のうち(最後の乳歯がまだ残っているうち)に
そこをしっかり刷り込んでおきたいから
昨日、わざとカイザーと一つのハウスに入れて
犬同士の絡み合いでの口使いを誘発しておいたのだ!

犬同士でじゃれあいにハガハガした後ってのは
それまでお口は使っちゃ駄目!と教えられていたことが
頭からす~っと抜け落ちていたりする。

そういうのが解かっているから
わざとそういう状態を作っておいて
確認のために叱り付ける。

今日は、そういう場面に偶然遭遇して叱責というのではなく
意図的に経験値を上げるための叱責だから
一日中、事有るごとに口使いを誘発して
徹底してやりこめる。

そんなだから
夕方頃にはさすがに口元にコチラの手が近づくと
自分から顔を背けるようになった。。。が、
今度はこちらが
お口開けなさいと上あご下あごをそれぞれ捕まえて口を開けさせる。

ひーひー言っても放さない。
ちゃんとそういう理不尽にも
抵抗しないで受け入れるようになるまで
何度も行う。

ちょっと手を緩めて
ジョシュがやれやれと思っているときを見計らって
今度はお尻の皮を引っ張る。

が、ジョシュもさすがに
反射的にこちらの手に向かって顔を向けることはなく
一瞬だけ「うっ!」という表情はしたものの
前を向いたまま
振り返っちゃ駄目だ!と自分に言い聞かせてでも居るような顔をして
動かずに耐えていた。

そうだよな、いい子に成ったじゃん!と撫でながら
マズルを軽く捕まえて
はい、お口開けて~!と
また開けさせるが
今度は優しい口調のまま終わり。

ハイパワー食になったからといって
その興奮をこちらに向けて爆発させるなんざ十年はえぇよ!って
身をもって教えられたジョシュ。

彼の最悪の一日は
やっと終わった。。。が、
念のため
また明日確認作業を行なう予定。
いつも静か~で
何の問題もなくハウスに居るカイザーとは対照的な
まいど騒がしいジョシュ。

以前は暑いと治まりつかない暑がりだったが
今は気候がよくなって
そういう部分の煩さは無くなりつつある。

問題は
ハウスに収容されてから
わたしがそこから立ち去ろうというときの
訴え吠え。

だせっ!とか
いくなっ!といった
命令調ともいえる
わりと強い感じの吠え方だ!

いつもは「やめっ!」で停めて立ち去るのだけど
大抵は一言では治まらない。

立ち去ってしまえば
数回吠えて終わるのだけど
ここらであの命令口調をやめさせとくかなと思い
本日は
日本語で治まらないなら
やっぱ、犬語でしょ!って
ハウスの前扉に張り付くように立ち
扉の向こうから
ハウス前にしゃがんでいるわたしに
いつものようにワンッ!と吠えるジョシュに向かって
ジョシュの吠え声と同じかそれよりちょっと強め?位の感じに
こちらもワンッ!と吠え返してみた。

ワンッ!という吠え声が
吠えられた相手の耳にどれほど不快な響があるか
身をもって知ってみろ!という感じ。

吠えられたジョシュは
びくっ!として固まり
少ししてまたワンッ!と訴えた。

今度はジョシュが吠えた後から吠え返すのではなく
ジョシュが吠えるタイミングを計って
ジョシュと同時に吠えてやろう!ともくろみ
ジョシュの体勢に注意を払いながら待つ。

ワンッ!とジョシュが吠えるのと同時に
こちらはジョシュよりも強めに
ワンッ!

びくっ!として後ろにさがるジョシュ。

扉に張り付いていたジョシュは
ハウスの真ん中まで下がり
お座りして
体を斜めにし
頭をかしげて
前足を持ち上げ
それやめて!と持ち上げた前足でチャイチャイする。

少しして
こちらの顔を見ながら
またワンッ!といってみるジョシュだったが
それに合わせてこちらも
ワンッ!

びくっ!として
座り姿勢からさらに後退しながら
ハウスの後ろの壁にお尻をつけて伏せるジョシュ。

くう~ぅ。。。と鳴いた後
ふぁ~ぁ。。。と緊張アクビがでた。

「くぅ」とかいう声がジョシュの口から出たのは初めてだなと思いながら
黙ってそのままジョシュを見つめていると
どんどんジョシュのテンションが下がって
それだけじゃなく
ジョシュの我が引っ込んでいくのが
全体の大きさがどんどん小さく見えるように変わってくるので良くわかった。

もう一度緊張アクビして
そこから先は
「ワンッ!てのは、とっても耳障りな音なんだね。。。」と理解したみたいだったから
少しだけそこに居て
ハウスを後にした。

日本語で辞めなさいといっても
それは何も嫌悪感感じるような発声方法ではなかったりするから
自分があの吠え声の不快感を経験しないとわからないらしい。

だったら犬語で教えてみるさ!と思って試したのだけど
やっている最中
こんなところを他人に見られたら
あの人頭おかしいと思われるわなぁ。。。とか思いながら
ジョシュが吠えるのを待っていた。
先日往復5km弱のコンビニまで到達できたジョシュ。

ならば!ほぼ同じくらいの距離にあるスーパーマーケットまで行ってみるか!と
いつ雨になるか解からないような
どんよりした雲の下
本日オババとジョシュのヘンテココンビでプチ旅行

実は、ジョシュの疲労とかより
オババの背筋負傷の方が問題で
結構歩行が厳しい状況に
スーパーまでの往復には勇気が要った。。。

それでも、犬と一緒に居ると後先考えなくなる犬馬鹿ゆえ
車や人が通らない場所では
ボディの痛みもなんのその
GO!GO!GO!GO!でぶっ飛びまわり
車の通行が多い道路にたどり着いたところからは
カッチリ脚側行進に切り替えたりしたけれど
このスイッチの切り替えが
思っていた以上にしっかりやってのけるジョシュに
ちょっと驚き!

ふぅ~ん、たいしたもんだわ!と感心する。

見通しの悪い交差点に立っているカーブミラーに映るジョシュの
ルンルンの歩き方を見ては
こいつ可愛いじゃんと親馬鹿モード全開になる。^^;

道路わきの田んぼの中に
白鷺が居るのに目が留まり
ジョシュに見せてやろうと
しゃがんでジョシュの目の前から白鷺に向けて指差ししたが
ジョシュは鷺には全然気づかず
しゃがんでるオババに
「だっこぉ~

そ、それはちがうぞ!と思うものの
か、可愛いことするなよ。。。とまたまた親馬鹿に。。。

スーパーに着いてみると
ジョシュにすると普段見たことも無いような
車の数と人の数、
聞いたことも無い自動ドアの開閉音や
ショッピングカートの車輪の音など
刺激がいっぱぁ~い!

とりあえず入り口正面に丁度腰掛けるのに良さげなブロックが
駐車場のアスファルト止めとして設置されていたので
そこで雑踏馴らしに停座させたのだけど
長い距離を歩いてきた疲労も手伝って
頭と耳はあっちこっち情報取りに動くものの
体は座ったままでいられたりする。。。が、
日本の犬好きは過酷にも
おのぼり状態でどきどきしている子犬に
容赦なく「あら可愛いわねぇ~。」とか
「えらいねぇ~。」とか
「こんにちは!」など声かけする。

無視してくれれば耐えられるのに。。。

哀れジョシュは声をかけられるたび
忍耐が切れてモソモソ動く。

日曜日のスーパーマーケットは過酷な訓練場所だ。

普段ヒッキーなオババだから
こんな田舎でもさすがに日曜日は混むのだなと
改めて知ったのだけど
そんなことを考えながら座っていると
誰かが使い捨てにしたショッピングカートが
アスファルトの勾配にしたがって
ゴトゴトゴトゴトこちらに向かってやってくる。

人間は、カートなんか何でもないと解かるが
ジョシュにすると
自分の方に向かってくる怪物のように見えているだろうなと。。。

どうなることかと思ったが
途中にあった植え込みの段差に
ゴットンと脱輪して停まってくれた。

やれやれ。。。

それから少しして
さあ帰ろうかと立ち上がり
先ほどこちらに迫ってきたカートの脇を通り過ぎようとしたら
カートの車輪に大接近して臭いを確認していたジョシュだった!爆

帰路は車道側を歩かせないと
路側帯に飛び出している雑草にじゃれたくなるジョシュと解かり
一つ問題が見えました!と。。。苦笑

帰宅後は
心身ともに大分お疲れらしく
ずっと寝続けのジョシュ君です!

カイ君は
昨日長距離歩行にトライしたので
本日はゆっくり疲労回復日。

ジョシュのおのぼりドキドキプチ旅行の間
カイザー君はお留守番しておりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。